03-3221-5871

(平日 9時~20時 / 土曜 9時~17時)

22期チラシダウンロード

卒業生×企業担当者

「東京しごと塾」の卒業生が、今、多くの企業で正社員として働いています。
そんな先輩たちに今のお仕事や就活について、また「東京しごと塾」の
メリットなどを語っていただきました。

やり甲斐のある介護の現場で、
楽しんで働いています

Iさん(介護・36歳)
株式会社 大起エンゼルヘルプ勤務

大学卒業後、食品メーカーに正社員として就労経験あり。
就活中にEAPメンタルヘルスカウンセラー、キャリアコンサルタントの資格を取得。

ジョブトレーナーに奨められて、
自分に合った仕事に出会えました。

―― 今、どのようなお仕事をされているのですか?

介護施設のスタッフとして働いています。「介護」といっても、ご本人が“当たり前の日常生活”を続けていくために、できないことをサポートするのが私たちの仕事です。

―― いつから介護職を目指していたのですか?

当初は介護職はまったく考えていませんでした。「東京しごと塾」で就活をすすめていく中で、ジョブトレーナーの方に奨めていただきました。いろいろな方とお話をする中で、自分でも資質や人間性などが、この仕事に合っているのかなと思うようになりました。

―― どんなところにやり甲斐を感じていますか?

入居者の方は皆さん、認知症のため、毎日状態が異なります。“声かけ”にしても、昨日響いた言葉が、今日も響くとは限りません。言葉を選んで、どうにか前向きな気持ちを持ち続けてもらおうと工夫しています。私の言葉で、入居者の方が「やってみようか」とやる気を出されたときは、やり甲斐を感じますね。

「東京しごと塾」で学んだコミュニケーション能力が役立っています。

―― 「東京しごと塾」で得たものは役に立っていますか?

介護職は、チームワークが大切です。スタッフ同士でコミュニケーションをとりながらでないと何も進みません。コミュニケーションと一言でいっても、いろいろな能力が求められますよね。人に関心を持つということ、わかりやすく報告するスキル、「東京しごと塾」で学んだひとつひとつが今に繋がっていると思います。

―― 以前、働いていた時と変わったと感じることはありますか?

最初に新卒で働いていたときには「どうしても働かなきゃいけない」「社会人とはこういうもの」という固定観念があって、自分が潰れてしまった部分があるのですが、ここ
にきて、楽しんで働くことの大切さに気づけたように思い
ます。

―― 最後に就活中の方へのメッセージをお願いします。

就活って、孤独な活動だと思います。でも「東京しごと塾」に入ることで、いっしょにやる仲間ができる。自分ひとりではできないことも、みんなを巻き込んでできる。落ち込んだときも誰かが励ましてくれる。モチベーションがあがりますね。

担当者から一言 採用担当 武藤様

当社の理念に共感していただき
お互い満足のマッチングでした。

介護の仕事は、どうしても「お世話してあげる」という印象がありますが、当社の考え方は、当たり前の日常生活ができるように支えることが基本です。Iさんは、東京しごと塾での企業訪問で来ていただき、自分でもいろいろと調べて、当社の理念に共感して来てくれました。面接のときに「自分の両親もこんな人に介護してもらえたら」と思えたので、採用を決めました。Iさんはカウンセラーの資格も取得しているので、ゆくゆくはスタッフのサポートなども期待しています。

参加を考えている方も
迷っている方も、
まずは説明会にご参加ください

説明会スケジュール